カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カスタム29

① 設計条件     (大枠)
    インプット
    エスキスの大枠になります。現実的・抽象的なものにわけます。
    特に現実的な物は成立させにくくなっています。   

② 要求図面     (大枠)
    アウトプット
    作図の大枠になります。ここでの見たことのない表記は読解の上でのヒントになります。

③ 敷地読み     (エスキストレース) 
    敷地を1/400で作図します。できるだけ忠実に!

④ 設備読み     (イメージ描画)
    EVやDS・PSをチェック

⑤ その他施設読み (イメージ描画)
    広場と駐車場関係は別々で書きます。

⑥ アプローチ読み (イメージ描画)
    メイン・サブ入口と管理・共用部だけの本当にシンプルなものでパターン出し

⑦ 部門機能図    (管・共用・部門)
    管理・共用部・部門のみの機能図をかきます。これも本当に単純なもので!

⑧ 機能図
    所要室条件をまとめて
    必要最低限で条件を満たした機能図を描きます。
    プラスするなら要求図面に面積指定のあるもの。
    肉をそぎ落とし骨だけにします。最初書いた物は整理できていないので、
    簡略化(記号化)したものをもう一度書きます。

⑨ 断面イメージ    
    機能図を簡単に断面イメージにします。

⑩ 面積読み    
    つながりのあるものをブロックにして面積計算します。
    
⑪ 部門ブロック作り      
    ブロック×廊下係数で適当にコマ予想します。

⑫ ブロックゾーニング
    広場・駐車場・所要室といったカタマリをつなげて建物イメージにつなげます。

⑬ ちびコマ
    ブロックゾーニングを細分化していきます。

⑭ 落しどころ予想・兼①から⑬までチェック
    ダメなプランでもいいのでとりあえず作成し、成立しない理由を書き出します。
    その理由が自分のミスなのか。出題者の思惑か確認します。
    此処が最重要です。
    そのあともう一度ちびコマに戻ります。

⑮ 1/400平面
    時間があれば作成します。③を利用します。

⑯ 面積計算
    面積計算をしておきます。ケンペイも!
    とくにピロティーやハネダシは⑮に斜線を入れて確認します。

⑰ 1/400断面
    ここで書いておかないと、作図で減点だらけになります。

⑱ ①から⑰を順にチェック
    時間以内にここまでたどり着いてオールチェックがかかれば合格。
             
[PR]
by popaz | 2007-08-21 13:05 | seizu-es