カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2007年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

カスタム17

100%合格する方法

出題者が問題を作成する際、デキる受験生を合格させたいと考えるのは当然だとおもいます。
逆にそれが解ってない受験生を落としたいと考えるならば、私ならば機能図をきちんと処理し、更にわかりやすい図面を書いた人を合格させたいとおもいます。

学校にいって感じることは、ほとんどの方がやみくもに問題を解いて本試験でのラッキーパンチを狙っている状態だということです。

もし本質がそうであれば、この試験は運任せになってしまいますし、私が出題者であればそんな試験にはしません。

ではラッキーパンチなしで確実に合格できる人とできない人の差はなんなんでしょうか。
曽根さんがいわれるように学科試験と本質が同じならば、
過去の出題には合格の共通項があって、そこを抑えている人はどの年でも合格できる試験でないと意味がないですよね。
[PR]
by popaz | 2007-07-31 11:43 | seizu-es

カスタム16

コアの打ち方

コアは廊下を直線で通すイメージ。(茎)

基本的には採光条件の良い向きや、広場系に向かって所要室(果実)がぶら下がる。

廊下のプランを組んだ後に所要室がぶらさがる。
所要室の場所を決めてから廊下をきめると廊下は決して通らない。
実ができてから茎はできない。
[PR]
by popaz | 2007-07-31 10:03 | seizu-es

カスタム15

動線図からの展開
動線図=プランの基点
ということは、動線図のなかで更に重要文を分析し展開していく。

動線図からさらに展開すること。
[PR]
by popaz | 2007-07-30 09:24 | seizu-es

カスタム14

アプローチ展開

この試験で私が最も大切に考えるのはアプローチ。
そこでつまずくということは、スタートでこけているといっても過言ではない。
アプローチのパターン出しは必ず数パターン行うこと。
決め打ちをする人は必ず物事の最初で安心をつかみたいタイプ。
じっくり他を勘案しながら進めること。
[PR]
by popaz | 2007-07-26 09:25 | seizu-es

カスタム13

矛盾の整理

この製図試験問題ででてくる矛盾。
それが見つけることができれば後はそこを基点に展開していくだけ。

展開する事が大事。
そこからのツナガリこそがこの試験の山場。
[PR]
by popaz | 2007-07-26 09:19 | seizu-es