カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2007年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧

カスタム44

復習
残り約2週間となりました。
日課としてすべきは今までの復習かとおもいます。
今までのA2図面全てを並べマーカーし、足りない部分を補充し、また自分のパターンを検討します。
毎日読み返し、自分の弱点を探してさらなる強化をしていきましょう。
[PR]
by popaz | 2007-09-27 10:38 | seizu-es

カスタム43

中庭

中庭がでた場合、それによって圧迫される部分を検討し、最低限寸法が取れるだけのプランを検討すること。
逆に、コア・共用部・大空間・吹抜けを決めた後打つことも考える。
[PR]
by popaz | 2007-09-26 10:18 | seizu-es

カスタム42

防火区画

1500平米区画

3層吹抜けの区画(1階)

忘れやすいので記述がでた瞬間にチェック
[PR]
by popaz | 2007-09-26 10:15 | seizu-es

カスタム41

断面図

構造での減点を誘うならば、
基礎の書き込み→ベタ・布・独立
鉄骨梁の書き方→トラス
棟屋のライン→RFL+3m
[PR]
by popaz | 2007-09-26 10:14 | seizu-es

カスタム40

外部条件

課題文に赤太マーカにて外部とのツナガリを書く。

外部条件は所要室の配置を決める上で非常に重要なのでそのツナガリを確実に押えること。
[PR]
by popaz | 2007-09-26 10:09 | seizu-es

言霊

ここまでくるまでどれだけの犠牲を払ったのでしょうか?
学科・製図試験ともに試験に敗れた数だけ想いがあるとおもいます。

早朝

深夜

学校

休日

家族

友人

恋人

仕事

お金

プライド

いろんなモノを犠牲にしながら
つぎ込めるだけの努力はみなさんされてきたとおもいます。
そしていま此処に立っているのだとおもいます。
あと少し、あと少しだけ頑張りましょう。
すでに息切れして、酸欠状態かもしれません。
ですがこの最後の峠を越えた人だけが合格を手にすることができます。
そして残り一ヶ月、そろそろゴールが視界に入ってきているはずです。
みせてやりましょう。あなたの努力を!そして底力を!!
[PR]
by popaz | 2007-09-13 11:06 | info

集中力

試験当日の集中力を高める方法
①鉛筆けずり
[PR]
by popaz | 2007-09-13 10:45 | info

カスタム39

ブロックゾーニングの可能性

ブロックゾーニングが早い段階で決まってしまうと、即座に1/400が書けてしまう。
必ず練ること。
もう一案考えるのに5分はかからない。
その5分が保険になる。

無理矢理納めても全く意味がない。
大枠を押えたまま検討し、可能な限り、美しく単純なゾーニングを。
そうすることで作図でのロスが減る。
[PR]
by popaz | 2007-09-13 09:25 | seizu-es

カスタム38

エスキス積み上げ

簡単なものをじっくり丁寧に積み上げる。
自分の意見は極力入れない。
出来るとおもって工程を省けば、いままでやってきたことを
ドブに捨てるようなもの。
薄く、何枚も積み重ねるイメージで。
[PR]
by popaz | 2007-09-13 09:20 | seizu-es

カスタム37

作図の注意点。

作図の初期段階で必ずいるもの。

①全図面の寸法線
②断面位置
③面積表
④敷地条件が特殊な場合の表記

かならず最初にチェック。
後戻りの時間ロスが軽減できる。
[PR]
by popaz | 2007-09-13 09:15 | seizu-tc